キッチンカー 初出店当日朝を迎えて

2021年2月28日キッチンカー 初出店当日の朝です。

現状への不満・不安が爆発したのが、

2019年11月。

キッチンカー をやってみたいと思ったのが、

2020年1月。

そこから、1年2ヶ月が経ちました。

そして遂に、今日が念願の初出店です。

思えば、色々ありました。

新型コロナウィスルによる緊急事態宣言。

日本政策金融公庫でも融資獲得。

仕入れ先様への訪問。

キッチンカー 契約から納車。

出店先様探し。

などなど。

会社員を続けながらでの、開業準備だったので

こんなに時間がかかりました。

でも開業することが出来ました。

毎日朝活でそれこそコツコツ積み上げてきました。

その撒いた種が地面に根を下ろし、ようやく芽を出しました。

今の率直な気持ちとしては、

期待と不安が入り混じってる感じです。

胸のドキドキが止まりません。

早く子供たちが美味しそうにわたあめを食べて笑顔になる姿をみたい。

それを暖かい目で見守るパパママさん達にも笑顔を届けたい。

そんなワクワクする期待もありながら、

上手くわたあめが作れなかったらどうしよう。

お客様が全然来なかったらどうしよう。

手際良く、お客様を待たせることなく立ち回れるか。

などの不安もあります。

こればかりはやってみないとわかりませんが、

そんな気持ちも今しか味わえない感情なんですよね。

だから今の正直な気持ちを初出店当日の朝、書いてます。

今日遂に夢にまでみた

「わたあめ屋さんのキッチンカー 」がオープンします。

1年2ヶ月前まで自分で開業するなんて全く想像してなかったのに、

まさか自分が開業することができるなんて。

しかもキッチンカー でわたあめを提供する。

こんな人生あるんですね。

でもこれはやらなければ絶対後悔していたと思います。

もし自分が死ぬ時に絶対キッチンカー をやっていれば良かったと

思うはずです。

だから、やるんです。

そこに後悔はありません。

今は希望しか見えてません。

自分の子供達にも会社員以外でも

やりたいことを仕事にできるってことを、

自分が頑張ることで見せていきたい気持ちもあります。

やりたいことを実現するために、

妻の支えもありました。

内心、「何バカなことやってるんだ」と思う時もあったと思います。

でも口には出さずに色々なことに付き合ってくれて支えてくれました。

「ありがとう、これからも頑張るね」

それから、出店先様に電話・飛び込み営業からで

こんな何者かもわからない自分の話を聞いて頂き、

共感して頂き、出店までさせて頂ける各施設の

支配人様、店長様、担当者様。

本当に感謝しかないです。

出店させて頂けるからには微力でも

施設・周りの地域を盛り上がるように尽力したいと思っています。

決して一人では達成できなかったこと。

周りの方々の支えがあってのことだと肝に銘じ、

これからの日々も邁進していきたいと思っています。

まだ、これで終わりじゃありません。

ここからが本当の始まりです。

まだまだ夢の続きがあります。

なりたい自分がいます。

その為にこれからも日々積み上げていきます。

そうすれば願いは叶うと信じているから。

まずは今この瞬間を楽しもう!

よっしゃー!!やるぞぉー!!

これからも気合入れてけぇーー!!

問合せどうぞ(Mail)

-開業への軌跡〜出店編〜, キッチンカー開業への軌跡
-

Copyright© わたあめ屋さんのキッチンカー , 2021 All Rights Reserved.